ホーム > エアガン > 東京マルイのエアコキで一番リアルなモデルとは?

東京マルイ コルト ガバメントM1911A1 HG 対象年令18才以上/ホップアップの画像

東京マルイのエアコッキングガン(エアーハンドガン)は、本来リアルさを求めて購入するものではない。気軽さを求めて購入するものである。

しかし、そこはあえて置いておいて、東京マルイのエアコキで一番リアルなモデルを選ぶとすれば、一体何になるのだろうか?

東京マルイのエアコキは、対象年令10才以上と18才以上(ホップアップなしとあり)の製品では、仕様の違いがあり、発売された時期や共通する仕様で第一世代、第二世代、第三世代に分かれる。

※ホップアップとはBB弾に上向き回転をかける機構である。

誰でも18禁の製品で、新しい世代ほどリアルと想像すると思うのだが、ここでそれぞれの特徴を細かく見ていき、考察していくことにする。

対象年令10才以上と18才以上の仕様の違い

東京マルイ H&K P7M13 HG 対象年令10才以上/ホップアップと東京マルイ USP HG 対象年令18才以上/ホップアップの画像

対象年令10才以上と18才以上(ホップアップなしとあり)の製品には、定価や外箱によって以下のような仕様の違いがある。

対象年令10才以上(ホップアップあり)の製品の仕様:

  • 威力が弱い
  • 表面処理がほとんどされていない
  • マガジンにウエイト(重り)が入っていない
  • インナーバレルがアルミ

※定価は1,980円。追記:2013年5月に1,980円から2,500円に価格が改定された。
※10禁にはホップアップなしの製品がない。
※H&K社の銃は、スライドにヘアライン処理がされている。

対象年令18才以上/ホップアップなしの製品の仕様:

  • 威力が強い
  • 表面処理がほとんどされていない
  • マガジンにウエイト(重り)が入っていない
  • インナーバレルがアルミ

※定価は、第一世代(非ハイグレード)の製品が1,900円、その後の世代(ハイグレード)の製品が1,980円。
※第一世代(非HG)の18禁は、コルト ダブルイーグル以外全てこの仕様になる。
※H&K社の銃はスライドにヘアライン処理がされている。

対象年令18才以上/ホップアップありの製品の仕様(例外あり):

  • 威力が強い
  • 表面処理がされている
  • マガジンにウエイト(重り)が入っている
  • インナーバレルが真鍮

※定価は2,900円。追記:2013年5月に2,900円から3,500円に価格が改定され、パッケージも変わった。
※第一世代(非HG)では、コルト ダブルイーグルのみ18禁/ホップアップなしとありの両方のモデルが存在する。
※第三世代のコルト ガバメントM1911A1のみ18禁/ホップアップありのモデルにも関わらず、インナーバレルがアルミである。

上記を見ると、18禁/ホップアップありの製品は、定価が一番高くなるのは当たり前だとわかって頂けただろう。これらのことを踏まえて、それぞれの世代の特徴を見ていくことにしよう。

※定価はいずれも税別表示。

第一世代(非HG)の特徴

東京マルイ コルト ダブルイーグルの画像

初回生産された時期:1985年〜1991年

該当するモデル(発売された順):ルガー P08、ワルサー P38、AMT 44オートマグ、S&W M645、南部14年式、IMI デザートイーグル44マグナム、コルト M1911A1ガバメント、オメガ 10mmオート、ベレッタ 92F、ブローニングHPコンペティション、コルト ダブルイーグル

※ルガー P08や南部14年式、ベレッタ 92F、ブローニングHPコンペティションは、もうすでに生産終了になっている。

共通する仕様(例外あり):

  • 全体的に造形が甘い
  • ステンレス仕様のモデル以外は表面処理がされていない
  • マガジンが細長い
  • マガジンキャッチが可動しない
  • スライドとフレームがモナカ(分割)
  • ハンマーが動かない

※上記だけでも明らかにリアルじゃないので、もうこれ以上は書かないが、これらに付け加えて、第二世代以降のデメリットは全て存在する。

モデルごとの仕様:

  • コルト ダブルイーグルのみマガジンがフルサイズ

※AMT 44オートマグやS&W M645、IMI デザートイーグル44マグナム、コルト M1911A1ガバメント、オメガ 10mmオート、ベレッタ 92F、コルト ダブルイーグルは、ステンレス仕様が存在したが、もうすでに生産終了になっている。
※コルト ダブルイーグルは初期の頃はマガジンが細長かったが、その後、フルサイズのマガジンになった。

私が子供の頃に買った、AMT 44オートマグをはじめとするエアコッキングガンもこの世代に含まれる。共通する仕様を見ただけでリアルにはほど遠いことがわかる。

第二世代の特徴

東京マルイ CZ75 1st HGの画像

初回生産された時期:1992年〜1996年

該当するモデル(発売された順):AMT オートマグV、コルト センチメーターマスター、グロック17、グロック17L、シグ・ザウエル P228、H&K P7M13、スタームルガー KP85、CZ75 1st

共通する仕様(例外あり):

  • 全体的に造形がしっかりしている
  • マガジンがフルサイズ
  • マガジンキャッチが可動する
  • スライドとフレームがモナカ(分割)
  • ハンマーは動くが、トリガーと連動しない
    ※シングルアクションは再現されているが、ダブルアクションが再現されていない。
  • ショートリコイルなどの機構が再現されていない
  • 通常分解(フィールドストリッピング)ができない

※グロック17やグロック17L、H&K P7M13には、元々ハンマーがない。
※シングルアクションとは、ハンマーを起こしてからトリガーを引いて発射する作動のことで、ダブルアクションとは、ハンマーを寝かしたままトリガーを引いて発射する作動のことである。
※H&K P7M13には元々ショートリコイルの機構がない。

モデルごとの仕様:

  • CZ75 1stのみスライドが一体成型
  • コルト センチメーターマスターのみハンマーが動かない
  • AMT オートマグVはハンマーを起こしてからトリガーを引いても、ハンマーが落ちない
    ※シングルアクションが再現されていない。
  • コルト センチメーターマスターやグロック17、グロック17L、H&K P7M13は、エジェクションポート(排莢口)が開かない
  • シグ・ザウエル P228は正式刻印ではない
  • H&K P7M13はマガジンの形状が実銃と違う

※AMT オートマグVやコルト センチメーターマスター、シグ・ザウエル P228、H&K P7M13、スタームルガー KP85は、ステンレス仕様が存在するが、ラインナップはその都度変わるので、詳細は東京マルイのホームページで確認して欲しい。
※シグ・ザウエル P228は初期の頃は正式刻印だったが、その後、トイガンオリジナルの刻印になった。追記:2013年5月から?正式刻印に戻っているようだ。

全体的な造形が実銃に近くなり、対象年令18才以上のモデルを中心に表面処理が施され、マガジンもフルサイズになった。HG(ハイグレード)の名称が付くのもこの世代からで、見た目のリアルさは飛躍的に上がったと言える。

しかし、スライドとフレームは相変わらずモナカのままで、内部をはじめとする細かい部分もリアルとは言えない。エジェクションポートは開くモデルと開かないモデルが混在する。この世代もリアルというには何か物足りない。

第三世代の特徴

東京マルイ H&K USP HGの画像

初回生産された時期:1997年〜2002年

該当するモデル(発売された順):H&K USP、ベレッタ M92F ミリタリーモデル、ベレッタ M8000 クーガーG、H&K ソーコム Mk23、コルト ガバメントM1911A1、S&W PC356

発売される予定だったモデル:STI イーグル6.0

共通する仕様(例外あり):

  • 全体的に造形がしっかりしている
  • マガジンがフルサイズ
  • マガジンキャッチが可動する
  • スライドが一体成型、フレームがモナカ(分割)
  • トリガーとハンマーが連動する
    ※シングルアクション、ダブルアクションとも再現されている。ハンマーを起こした際に、トリガーがシングルアクションの位置まで後退する。
  • エジェクションポート(排莢口)が開く
  • ショートリコイルなどの機構が再現されている
  • 通常分解(フィールドストリッピング)ができる

※コルト ガバメントM1911A1には元々ダブルアクションがない。

モデルごとの仕様:

  • H&K USPはフレームがネジ止めされている
  • ベレッタ M92F ミリタリーモデルはバレルがモナカ
  • ベレッタ M92F ミリタリーモデルはマガジンの形状が実銃と微妙に違う
  • ベレッタ M92F ミリタリーモデルは正式刻印ではない
  • ベレッタ M92F ミリタリーモデルはデコッキングレバーがダミーで動かない
  • ベレッタ M8000 クーガーGはマガジンの形状が実銃と微妙に違う
  • ベレッタ M8000 クーガーGは正式刻印ではない
  • ベレッタ M8000 クーガーGはデコッキングレバーがダミーで動かない
  • H&K ソーコム Mk23はセーフティがダミーで動かない
  • H&K ソーコム Mk23はデコッキングレバーがダミーで動かない
  • H&K ソーコム Mk23はマガジンの底が別パーツになっていない
  • コルト ガバメントM1911A1はフルストロークではない
  • コルト ガバメントM1911A1は実銃通りに通常分解できない
  • コルト ガバメントM1911A1はインナーバレルがアルミ
  • S&W PC356はフレームとグリップが一体になっている
  • S&W PC356はデコッキングレバーがダミーで動かない
  • S&W PC356はフルストロークではない

※ベレッタ M92F ミリタリーモデルのみステンレス仕様が存在するが、ラインナップはその都度変わるので、詳細は東京マルイのホームページで確認して欲しい。

第二世代のメリットはそのままに、全モデルともスライドが一体成型になり、内部にも手が加えられてさらにリアルになった。エジェクションポートは開くだけではなく、ショートリコイルなどの機構まで再現されている。

モデルごとの仕様(主にデメリット)を並べてみると、H&K USPが一番デメリットが少なく、リアルになるようだ。まあ、アラ探しをしないとわからない程度の差だが。

この世代のモデルは、フレームを一体成型にし、フルストロークでスライドストップをかけられるようにすれば、もうやることがないんじゃないかと思うぐらいできが良い。

まとめ

東京マルイ H&K USP HG 対象年令18才以上/ホップアップの画像

東京マルイのエアコッキングガンは、世代を重ねていくごとにどんどんリアルになっていったのがわかった。外面的なリアルさだけではなく、まるでモデルガンのような、内面的なリアルさも盛り込まれていたことには正直驚いた。

現時点では、些細な差でH&K USPが一番リアルなモデルになるのではないかと思われるが、第三世代のモデルならどれを買っても後悔はしないと思う。

ただし、エアガンはあまりリアルさだけにこだわると、壊れやすくなったり、性能が落ちたりするので、注意が必要だ。

関連するページ